野毛山動物園 7月12日

f0321610_22151506.jpg
おあつうございます。
寒冷地に住むレッサーパンダさんには、かなり厳しい季節です。
樹上のケンケンもこんなお顔。
f0321610_22160402.jpg
多少の風は吹いても、気温がね~

横浜の野毛山動物園。小規模で入場も無料。
100円くらい取ればいいのに、と思ってしまう。

そもそもズーラシアができる前、横浜市民に親しまれた野毛山。
ズーラシアができた時、全部の動物を移動させる予定だったそうです。
しかし市民からの要望で残すことになったとか。
全然違うけど、築地市場みたいなものかしら。
f0321610_22163431.jpg
オグロワラビーさんたちは、元気にお食事してました。
その中で一頭だけ、食べずに客(私)を見つめるコが。
f0321610_22190553.jpg
ブブちゃん(^▽^)なるほど、人懐っこいです。
誰もいなかったので、しばしブブちゃんとお話しました。
一生懸命お耳をくりくりさせて、聞いてくれたブブちゃんです。
f0321610_22201285.jpg
キリンのソラ君は、身分違いの恋。
シマウマに恋するなんて…しかもオスだよ、モモタロウ。
モモタロウくんはしつこいソラくんに、キックをお見舞いしていました。
f0321610_22210451.jpg
全然めげてなかったソラ。
モミジちゃんという女子もいるんだがね。
f0321610_22214929.jpg
お顔の真っ黒いこの子はテンのチューゴ君。
夏は黒い顔で、冬は白いお顔に変身するんだって。
f0321610_22223553.jpg
そして私の一番見たかったミナミコアリクイのアサヒ君。。。
熟睡してました。いいんですいいんですよ(TT)
また会いにきますよ。

寝てるコたちは、決して無理に起こさないでね。
動物園マナー。
f0321610_22245288.jpg
くるっと回って戻ってきたら、ケンケンが涼しいお部屋で寝てました。
よかったよかった。
熱中症になるよね。
f0321610_22252658.jpg
奥にはなかよしキンタ(女子です)。
暑い夏を仲良く過ごしてね。
f0321610_22255735.jpg
アカエリマキキツネザルの赤ちゃんが生まれましたと
お知らせが。小さな子がいましたいました。
しばらく見ていたら、大人のサル達が集まってきて
さんざん威嚇されました。
威嚇するチームと子ザルを見守るチームと。
集団で守っているのだなぁと、今更ながら感動しました。

群れで生活する動物なら、みんなでコドモを守る事ができるのでしょう。

-----------------------------------

5日に訪ねた埼玉県こども動物自然公園。
マヌルネコの仔猫たちのそばに、母シャルの姿がありませんでした。
帰りがけに寄ると、一人ぼっちで具合悪そうに寝ているところで、
心配になりました。

翌日、シャルが怪我をして、仔猫たちと離されたと。
具合も悪いので治療していると。
次々に悪いニュースが飛び込み、それでも獣医さんに診てもらえて
良かったなんて思っていました。

9日の夜、シャルが死亡しましたと公式の発表を見た時の衝撃が
今でもおさまりません。
寒冷地に住み、感染症にはとても弱いと聞いていました。
出産子育てで疲れ切っていたシャルに、連日の来園者の視線は
ストレスでしかなかった。
仔猫たちをあまりカメラで追い過ぎないで、と園からのお願いも
時既に遅かったのです。
どうすればシャルを失わないで済んだのか。
いくら考えても、もう戻ってこないシャルに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今どうすればいいのか、わからないけれど
遺された仔猫たちが無事に育つよう、祈るだけです。
f0321610_22362492.jpg
2月22日のシャル。
レフ君との同居生活にもすっかり慣れた様子でした。
f0321610_22370506.jpg
自分からレフ君の元へ。
うまくいってるんだな…と嬉しかったです。
f0321610_22374475.jpg
母になってからのシャルは、いつも怒っていました。
一人で威嚇して一人で守って。
大変だったね、シャル。ごめんね…
まだ3歳で、またレフ君との同居生活も
見られると思っていたのに。

もう少し落ち着いたら、仔猫たちに会いに行こうと思います。
5頭の仔猫たち、どうか無事に大きくなりますように。



[PR]
by papicoorange | 2017-07-14 22:42 | 動物園 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 葛西臨海水族園 7月15日 埼玉県こども動物自然公園 7月5日 >>