よこはま動物園ズーラシア 7月24日 続きの2

この日は普段あまり見てないコたちを観察しました。
f0321610_16442825.jpg
テングザル オスのゲンキくんです。
見ての通り、鼻に特徴があります。
f0321610_16451372.jpg
ちょうど飼育員さんのお話タイムだったので
初めて拝聴しました。
テングザルは日本だと、ズーラシアにしかいません。
この鼻はオスの成獣に限るとのこと。
今度別の日にメスを見てみたいと思います。
f0321610_16465983.jpg
こちらはチベットモンキー。
左がオスのイルミくん、右はメスのワカメさん。
f0321610_16474350.jpg
目を合わせると威嚇の意味になるので、
気を付けてくださいね。
と飼育員さんが言ったそばから、怒るワカメさん。
窓にくっついていた子供たちが一斉に避難。
見やすくなった(笑
f0321610_16484240.jpg
チベットモンキーさんも飼育員さんのお話タイム。
上下関係のあるフタリ、おやつはオスのイルミくんしか
もらえません(渡さないみたいです)。
ワカメさんは欲しいと言わず、じっと地面を見つめていました。
f0321610_16494722.jpg
当然のように全部いただくイルミくん( ̄▽ ̄)
ワカメさんはその分、別の時間にもらってるそうです。

チベットモンキーも日本ではズーラシアと、愛知のモンキーセンターのみ。
貴重な動物を見せてもらえるのは、実にありがたいことです。
f0321610_16523537.jpg
毎度おなじみのセスジキノボリカンガルー。タニさん。
放飼場に日よけがつきました。
ちょっと過ごしやすくなったかな。
f0321610_16533567.jpg
モアラくん、定位置。
フタリが同居するのはいつの日なのだろう。

f0321610_16535743.jpg
そしてワリさんは、ぐっすりお休み中でした。
ワリさんは暑さ寒さに左右されない室内にいます。
f0321610_16542349.jpg
ふと気づいたワリさんのお部屋の木。
ぐるぐるとロープが巻かれていました。
おそらく高齢のワリさんが滑らない工夫です。
大事にされてるワリさんです。
f0321610_16563520.jpg
インドゾウ、メスのシュリ。
もうもうと砂煙があがっていました。
鼻ですくって、自分の身体にかけています。
なんのためかな??
f0321610_16572748.jpg
オスのラスクマルは、よくやっている遊びを。
f0321610_16575587.jpg
柱のところにある銀の入れ物を、くるくるまわしています。
以前飼育員さんのブログで見た気がするのですが、
確か中身はオヤツだったはず(回すと出る仕組み)。

f0321610_16585421.jpg
そんな、らっくん。
バイバーイ、と手を振ったら、鼻を何度もふりふりしてくれました。
確か前にもやってくれたんだよね。
偶然なのかほんとに挨拶してくれたのか。
また試してみなくては。


[PR]
by papicoorange | 2017-07-28 17:05 | 動物園 | Comments(2)
Commented by polo_yuu at 2017-07-29 13:09
らっくん、私には無反応だった(T_T)
Commented by papicoorange at 2017-07-29 18:06
> polo_yuuさん
えっと毎回振ってはくれない模様。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 埼玉県こども動物自然公園 7月30日 よこはま動物園ズーラシア 7月... >>