カテゴリ:動物園( 74 )

上野動物園 8月9日 ハシビロコウ

上野と言ったらパンダ。
シンシンとリーリーの間に生まれた子パンダの
お名前募集中でした。張り切って投票してきました(^^)
f0321610_19184253.jpg
そしてもうひとつ、動物園の推しはハシビロコウです。
f0321610_19200657.jpg
動かないことで有名(?)ですが
この日は暑かったせいか、水浴びしてました。
目が白いのは瞬膜。
ハシビロコウには瞬膜と瞼があるのだそうです。
f0321610_19222957.jpg
後姿。羽が美しくて見惚れる。
f0321610_19230915.jpg
写真で見ても大きいとわかりますが、
やはりこの頭の大きさ。存在感抜群です。
学名はクジラ頭の王様、と言うのも納得。
f0321610_19250433.jpg
水に潜ってぶくぶく…
f0321610_19254392.jpg

ばさばさっと飛び立って
ハシビロコウも飛ぶ時飛びます。
f0321610_19253031.jpg
着地。かっこいい。
おじぎしてるみたい。
f0321610_19270767.jpg
地面で羽を広げてる時は、乾かしているのだそう。
さらに大きくなります。
f0321610_19274635.jpg
上野にいるハシビロコウは、現在5羽で
足元のリングの色で個体識別できます。
たくさん動き回ってくれたのは青いリングのサーナちゃん(♀)。
カメラ目線もしてくれました。ありがとうサーナちゃん。

続く


[PR]
by papicoorange | 2017-08-11 19:33 | 動物園 | Comments(2)

よこはま動物園ズーラシア 8月6日

ユーラシアカワウソのリュウくん。
8月2日で1歳になりました。
f0321610_18324128.jpg
5,6日でリュウの誕生日イベントが開催されるというので
参加してきました。
f0321610_18332681.jpg
母親のヒメちゃんは、出産を何度かしているものの
子育てはうまくできず。
リュウが生まれた時も放置されてしまったため、
飼育員さんたちで育てることになりました。
ユーラシアカワウソの人工哺育の実績はなく、
手さぐり状態が続いたそうです。
f0321610_18352396.jpg
わずか60gで生まれたリュウも、今では立派なカワウソになりました。
この日はお誕生日クイズで、公開体重測定をしました(^^)
f0321610_18361488.jpg
体重は5.8kg。ごはん分を足して6.3kgでした。
クイズはずれちゃった ざんねーん。
参加賞にポストカードを頂きました。
f0321610_18372120.jpg
昔日本にいたカワウソは、四国周辺ではニホンカワウソ
神奈川周辺にはユーラシアカワウソの一種がいたそうです。
リュウの1年間のスライドショーとともに、カワウソについても
ちょっぴり学習してきました。

リュウはユーラシアカワウソの中でも中国亜種だそうで、
日本には現在ズーラシアに5頭、広島の阿佐動物園に1頭のみ。
お嫁さんが海外からくるといいねぇ。
f0321610_18403195.jpg
カワウソの可愛さを教えてくれたリュウくん。
これからも元気に育っておくれよ。
それにしてもカワウソの動きは素早く、いつまで経っても
写真がうまく撮れないまま(--)

f0321610_18430527.jpg
セスジキノボリカンガルーの放飼場。
夏場は日よけがついています。
どちらかというと寒いのが苦手だそうですが
この暑さはね~。
f0321610_18431640.jpg
この日はモアラくんが、頑張ってました。
だいぶ落ち着きましたね。
f0321610_18433622.jpg
別室のワリさんの様子を見なくちゃ、と尋ねてみたら
珍しくスタッフさんが入っていました。
f0321610_18440353.jpg
なんと、採血中(@@)初めて見ました。
ワリさんはおとなしくしていましたが、ちょっと振り向いたら
飼育員さんがさっとキャベツを差出し、獣医さんをアシストしていました。
f0321610_18434670.jpg
無事に終了したワリさん。落ち着いていました。
世界最高齢のおばあちゃんですから、健康チェックは大事。
まだまだ長生きしてください。
f0321610_18474860.jpg
この前オスのゲンキくんしかいなかった、テングザル。
この日はメスのキナンティー、エミ親子とジャスミンちゃん。

以前は二組の夫婦がいて、それぞれにエミとジャスミンが
生まれたのですが、エミの父とジャスミンの母が相次いで死亡。
母のいないジャスミンはキナンティー親子と一緒にいます。
とはいえ、親子ではないので一人ぼっちになることも多いみたい。
キナンティーさんに威嚇されていました。
f0321610_18475754.jpg
頑張って大きくなるんだよ、ジャスミン。
また様子を見にくるね。
f0321610_18521660.jpg
毎度おなじみ(?)モウコノロバのミンミン。
この日はごきげんうるわしかったらしく、近くにきてくれました(^0^)
ふがふがふがふがーー!!と何か言ってましたよ。
説教だったかな?

ナイトズーラシアが始まっています。
夜の動物園、絶対いくぞー!


[PR]
by papicoorange | 2017-08-08 18:53 | 動物園 | Comments(0)

埼玉県こども動物自然公園 7月30日

シャルが亡くなって3週間。
やっと埼玉県こども動物自然公園を訪ねることができました。
f0321610_18562255.jpg
朝から生憎の雨。
カナダヤマアラシのコウシロウさんも、珍しく小屋に入っておりました。
(この後元気よく木に登っていったよ)
f0321610_18571750.jpg
(ロータス)

マヌル舎のコネコたちは、元気そうです。
あれから園のみなさんが頑張って、暑さ対策を施し
外に結露ができるくらい、涼しい室内になりました。

いいのだよ、君たちが快適ならば写真なんて。

f0321610_18581909.jpg
この日はコネコたちの命名式ということで
準備が始まりました。
マヌル舎前は人だかり。
みんなでお名前発表を待ちます。
f0321610_18592615.jpg
園長さん、飼育員さんのご挨拶が終わり
ついに発表。

グルーシャ(梨) オス
イーリス(あやめ) オス
ロータス(蓮) オス
オリーヴァ(オリーブ) メス
プリームラ(サクラソウ) メス

三択の中からこちらが選ばれました(私のははずれた~)
f0321610_19023125.jpg
投票した方の中から、5人が命名者として認定され
スペシャルプレゼント!フォトブックです。
いいな~ってみんな羨望のまなざし。

園長さんは、めでたく5頭が生まれて育っていること、
残念ながら母親のシャルが亡くなってしまったこと
まだ若く父親のレフとの相性も良かったので、次もと
期待していたのに残念とお話されました。

5頭はいずれ、どこかの動物園に行くことになると思うが
その時はまた各地を訪ねて会いにいって欲しいと
仰っていました。
うんうん!とうなずきまくってきました。
f0321610_19060499.jpg
(プリームラ)

肝心のコネコたちは、みんな集まって何してるにゃーって感じ。
公式発表されても、まだ見分けつかず。
これはプリームラだと思われる(たぶん)
f0321610_19065744.jpg
(プリームラ)

半年前にはパパとママが、この部屋で仲良く同居していたんだよ…
と感慨深く。
シャルは自分の身体がぎりぎりの状態になりながら
コネコたちが自分で食べられるようになるまで
頑張ったのです。
ちびたちを残していくことは、どれだけ無念だったか。
f0321610_19091583.jpg
(オリーヴァ)

これからも君たちを見守っていきます。
取りあえず見分けられるようになりたい。

そういえば、朝から取材の人が来ていたのだけど
肝心の命名式にはいなくなってて(!)
いったいどこにどんな記事が載ったのか、謎のまま。

※コネコたちの名前、私が判断したもので確証はありません

[PR]
by papicoorange | 2017-08-02 19:10 | 動物園 | Comments(2)

よこはま動物園ズーラシア 7月24日 続きの2

この日は普段あまり見てないコたちを観察しました。
f0321610_16442825.jpg
テングザル オスのゲンキくんです。
見ての通り、鼻に特徴があります。
f0321610_16451372.jpg
ちょうど飼育員さんのお話タイムだったので
初めて拝聴しました。
テングザルは日本だと、ズーラシアにしかいません。
この鼻はオスの成獣に限るとのこと。
今度別の日にメスを見てみたいと思います。
f0321610_16465983.jpg
こちらはチベットモンキー。
左がオスのイルミくん、右はメスのワカメさん。
f0321610_16474350.jpg
目を合わせると威嚇の意味になるので、
気を付けてくださいね。
と飼育員さんが言ったそばから、怒るワカメさん。
窓にくっついていた子供たちが一斉に避難。
見やすくなった(笑
f0321610_16484240.jpg
チベットモンキーさんも飼育員さんのお話タイム。
上下関係のあるフタリ、おやつはオスのイルミくんしか
もらえません(渡さないみたいです)。
ワカメさんは欲しいと言わず、じっと地面を見つめていました。
f0321610_16494722.jpg
当然のように全部いただくイルミくん( ̄▽ ̄)
ワカメさんはその分、別の時間にもらってるそうです。

チベットモンキーも日本ではズーラシアと、愛知のモンキーセンターのみ。
貴重な動物を見せてもらえるのは、実にありがたいことです。
f0321610_16523537.jpg
毎度おなじみのセスジキノボリカンガルー。タニさん。
放飼場に日よけがつきました。
ちょっと過ごしやすくなったかな。
f0321610_16533567.jpg
モアラくん、定位置。
フタリが同居するのはいつの日なのだろう。

f0321610_16535743.jpg
そしてワリさんは、ぐっすりお休み中でした。
ワリさんは暑さ寒さに左右されない室内にいます。
f0321610_16542349.jpg
ふと気づいたワリさんのお部屋の木。
ぐるぐるとロープが巻かれていました。
おそらく高齢のワリさんが滑らない工夫です。
大事にされてるワリさんです。
f0321610_16563520.jpg
インドゾウ、メスのシュリ。
もうもうと砂煙があがっていました。
鼻ですくって、自分の身体にかけています。
なんのためかな??
f0321610_16572748.jpg
オスのラスクマルは、よくやっている遊びを。
f0321610_16575587.jpg
柱のところにある銀の入れ物を、くるくるまわしています。
以前飼育員さんのブログで見た気がするのですが、
確か中身はオヤツだったはず(回すと出る仕組み)。

f0321610_16585421.jpg
そんな、らっくん。
バイバーイ、と手を振ったら、鼻を何度もふりふりしてくれました。
確か前にもやってくれたんだよね。
偶然なのかほんとに挨拶してくれたのか。
また試してみなくては。


[PR]
by papicoorange | 2017-07-28 17:05 | 動物園 | Comments(2)

よこはま動物園ズーラシア 7月24日 続きの1

コトラ以外の子たちも。
f0321610_22071251.jpg
レッサーパンダのララちゃん。
今でも相当可愛いのですが(^^)
以前ズーラシアで人気投票をして
ナンバーワンになったこともあるそうですよ。
全動物中の1位です。すごいね~☆
f0321610_22082779.jpg
暑さは苦手のコパンダさんたちですから、
ひらきにはなってましたけど。
日当たりがよくて、暑そうね。
f0321610_22090867.jpg
もう一頭、お外にはコウセイくん。
こちらは17歳と高齢パンダさんです。
この中は涼しいみたいで、入りびたり。
f0321610_22100803.jpg
と思ったら、外に出て歩き回ってました。
f0321610_22104456.jpg
お隣のララ、何してるのかな~。
年齢的にも暑さは心配ですが、元気に過ごしてね。
f0321610_22114048.jpg
ホッキョクグマさんは、プールで涼んでいました。
f0321610_22115253.jpg
白いからジャンブイ君かと思ったら、ツヨシちゃんだ。
ずっと毛がすかすかで黒っぽいシロクマさんだったけど
きれいになったね(^^)
f0321610_22131652.jpg
シロフクロウのフクちゃん。
この子たちも暑さは苦手だそうで、陰に潜んでることが多かったのですが
この日は少し涼しく風もあったので、お外に出てました。

f0321610_22143170.jpg
フクちゃんいつも一人ぼっちでさみしいなあ。
と人間は思っちゃうけど、本鳥はいかがなんでしょう。
f0321610_22153376.jpg
いつもひとりぼっちはモウコノロバのミンミンも同じ。
常連さんには愛想良いというミンミンですが
私の事は敵視している模様(苦笑)。
お子様がくると近くでしっぽ振ってますけど
いなくなると遠くからこんな目。
めげないよ ミンミンくん。
f0321610_22171520.jpg
個人的にずっと心配していたヤブイヌさんです。
昨年から何頭か相次いで亡くなり、よく見ていたこのフキくんも
体調管理により展示を中止しています、の札が出ていました。

一度フキくんだと思ったら、別の子だったりして。
f0321610_22183465.jpg
これはおそらくフキくんで間違いなさそう。
この日は元気いっぱい歩き回って
川にもじゃぶじゃぶ入ってました。
(現在展示はこのフキくんとフランシスくんの二頭交代となっていました)

通い続けると覚えてしまうコが増えるので
いちいち心配してしまう。困ったものね。
元気なお顔を見たくて通っちゃうんだけどね~

あと一回続く。

[PR]
by papicoorange | 2017-07-27 22:21 | 動物園 | Comments(0)

よこはま動物園ズーラシア 7月24日 スマトラトラ

あっつ~い動物園。
さすがに人が少なかったです。

スマトラトラの子供達はすっかり大きくなりました。
f0321610_19214243.jpg
このくぼみに入り込むのがブームみたい。
涼しいのかな?
得意げなファントムくん。
f0321610_19232487.jpg

トラっこでも暑いのはかんべん。
冷たい水に入って、いい湯だな~みたいな顔。
f0321610_19233749.jpg
デル母さん、くつろぎのひととき。
あっちからそーっとやってくるのは
f0321610_19240741.jpg
やっぱり、甘えん坊のファントム。
大きくなってママ大好きは変わらないようです。
f0321610_19241831.jpg
ママもぺろーんと舐めてくれてました。
見ないでよっ(この子たち、結構カメラ目線します)

f0321610_19225842.jpg
パンプはママにちょっかいしか出さないみたいですが。。。
f0321610_19231045.jpg
この日は暑くて、コトラたちもやる気がなさそうでした。
のんびり過ごすことが多かったです。
ちょいちょい、こんなこともしてましたが(^^)
f0321610_19282313.jpg
くぼみにパンプが入ってたら
何やってるの?と近づいてきたファントム
ボクも~よっこらしょっと
f0321610_19305389.jpg
んも~邪魔だよ!と
しっぽがくるんするパンプ。
そのしっぽを枕に寝ようとするファントム。
f0321610_19310314.jpg
カラスがかあ~。
フタリで様子をうかがいます。
f0321610_19312305.jpg
なんだ、カラスか。
f0321610_19311487.jpg
暑いのにわざわざくっついて寝る
愉快なパントムなのでした。

その他のみなさんも、続きます。


[PR]
by papicoorange | 2017-07-26 19:33 | 動物園 | Comments(2)

多摩動物公園 7月17日 その他のみなさん

レッサーパンダさんたちを、ずーっと見てしまいました(汗
もちろん他にも可愛い子たちはたくさんいます。
f0321610_19571179.jpg
チーターの三兄弟。
アイガー、ジョラス、クラリスです。
だいぶ大きくなりました。
暑くても元気に遊ぶね~
f0321610_19580658.jpg
走り回って転げて噛みついて。
仲良しです。
f0321610_19584831.jpg
でもやっぱりシュパーブ母さんに比べると
ひよひよです(^^)
走る姿が華麗で、つい見惚れてしまいます。

f0321610_20000487.jpg
サーバル親子のユリとルナ。
どっちがどっちか、見分けられなくてすみません。
まったりしてると思ったら、スイッチが入って
追いかけっこしてました。
f0321610_20010303.jpg
サーバルちゃん、大人気です。
チーターに比べるとだいぶ小さい。
子供達と同じくらいかな。
f0321610_20015927.jpg
フラミンゴのヒナがたくさんいました。
黒っぽいのでわかりやすいね、と思って撮ったら
右下にもっと小さいヒナが。
f0321610_20024518.jpg
現在国内最高齢のアジア象のオス、アヌーラさんです。(1953年生まれ)
すみません、この子はアジアゾウでなくアフリカゾウさんでした。
お詫びして訂正いたします。

鼻をあげて、ごきげんそうでした(^^)
アヌーラさんについて調べていたら、こんな本が。「ともだちをたすけたゾウたち

かいつまんで言うと、アヌーラは若い頃病気で立ち上がることができなくなった。
体重の重い動物が立てないと、内臓を圧迫してしまい、そのままでは死を意味する。
なすすべなく飼育員が見守る中、二頭のメス象が、アヌーラを横から支えて立ち上がらせた。
それは一度だけのことでなく、回復する二か月の間続いた。

動物たちは時に、人間の想像を超えます。
全部わかってるつもりになってる方が、間違っているのでしょうね。
f0321610_20153028.jpg
アヌーラさんと打って変わって、若いアムールトラ、アルチョム君2歳です。
今年の2月にドイツからやってきた彼は、びびりん坊として有名になってます(^^;
身体は大きくて堂々としたトラなんですけどね~
頑張れ、アルチョムくん。
f0321610_20184812.jpg
そして、この時期きついだろうな~のユキヒョウ。コボ君です。
この春めでたくパパになりました。
ユキヒョウ舎の前には、ママとベイビーの様子が
モニターに映し出されていました。
パパは身体だけ涼しいお部屋の中。

夏はもふもふさんたちに、厳しい季節です。
見て回る方にも厳しいけどね。
水分補給しながら、夏の動物園を楽しみたいです。





[PR]
by papicoorange | 2017-07-22 20:21 | 動物園 | Comments(2)

多摩動物公園 7月17日 レッサーパンダ

連休最終日、思い立って友人を呼び出し(笑
多摩動へ。
f0321610_21051580.jpg
可愛いレッサーさんたちを堪能しましたよ。
こちらはまだ来園したてのタオファさん。
だいぶ慣れてきたようです(^^)
f0321610_21060378.jpg
ルンルン君のお顔が、あっちーーって言ってるね。

一瞬だけ、高齢の ファファファンファン さんが出てきてくれました。
ゆっくりゆっくり移動してますが、お元気そう。
見惚れてたら写真忘れちゃった。

タオファさんがお部屋に帰った後、出てきた親子です。
f0321610_21063905.jpg
あずき、かのこ、まめたろう。
出てくるとみんな、まっしぐらにリンゴ目がけて走ります。
あちこちに飼育員さんが仕込んでくれてますよ、見えるかな?
f0321610_21083354.jpg
かのこちゃん、一個くわえながら、木の上を狙ってます。
f0321610_21092254.jpg
あったじぇ~♪
f0321610_21094428.jpg
双子のかのこ(女子)とまめたろう(男子)。
かのこちゃんの方がお転婆っぽい(^^)上にいるのがかのこ。
f0321610_21103063.jpg
何個見つけた?内緒~ってお話中。
仲良し双子。
f0321610_21110847.jpg
まめたろうは結構なイケパンですが
ママの後をついてまわって、やっぱり男子は甘えん坊か。
もう1歳過ぎてますよ。
f0321610_21150867.jpg
この後なぜかスイッチが入って
オヤツの笹を枝ごとくわえて
おりゃおりゃおりゃーーー!
と駆け回ってました(^^; なんでだろ

f0321610_21120652.jpg


f0321610_21122725.jpg
f0321610_21121601.jpg
可愛いかのこ3連発。
なぜかママのあずきちゃんの写真がなかった…
あずきちゃん、ごめん。


[PR]
by papicoorange | 2017-07-19 21:16 | 動物園 | Comments(2)

野毛山動物園 7月12日

f0321610_22151506.jpg
おあつうございます。
寒冷地に住むレッサーパンダさんには、かなり厳しい季節です。
樹上のケンケンもこんなお顔。
f0321610_22160402.jpg
多少の風は吹いても、気温がね~

横浜の野毛山動物園。小規模で入場も無料。
100円くらい取ればいいのに、と思ってしまう。

そもそもズーラシアができる前、横浜市民に親しまれた野毛山。
ズーラシアができた時、全部の動物を移動させる予定だったそうです。
しかし市民からの要望で残すことになったとか。
全然違うけど、築地市場みたいなものかしら。
f0321610_22163431.jpg
オグロワラビーさんたちは、元気にお食事してました。
その中で一頭だけ、食べずに客(私)を見つめるコが。
f0321610_22190553.jpg
ブブちゃん(^▽^)なるほど、人懐っこいです。
誰もいなかったので、しばしブブちゃんとお話しました。
一生懸命お耳をくりくりさせて、聞いてくれたブブちゃんです。
f0321610_22201285.jpg
キリンのソラ君は、身分違いの恋。
シマウマに恋するなんて…しかもオスだよ、モモタロウ。
モモタロウくんはしつこいソラくんに、キックをお見舞いしていました。
f0321610_22210451.jpg
全然めげてなかったソラ。
モミジちゃんという女子もいるんだがね。
f0321610_22214929.jpg
お顔の真っ黒いこの子はテンのチューゴ君。
夏は黒い顔で、冬は白いお顔に変身するんだって。
f0321610_22223553.jpg
そして私の一番見たかったミナミコアリクイのアサヒ君。。。
熟睡してました。いいんですいいんですよ(TT)
また会いにきますよ。

寝てるコたちは、決して無理に起こさないでね。
動物園マナー。
f0321610_22245288.jpg
くるっと回って戻ってきたら、ケンケンが涼しいお部屋で寝てました。
よかったよかった。
熱中症になるよね。
f0321610_22252658.jpg
奥にはなかよしキンタ(女子です)。
暑い夏を仲良く過ごしてね。
f0321610_22255735.jpg
アカエリマキキツネザルの赤ちゃんが生まれましたと
お知らせが。小さな子がいましたいました。
しばらく見ていたら、大人のサル達が集まってきて
さんざん威嚇されました。
威嚇するチームと子ザルを見守るチームと。
集団で守っているのだなぁと、今更ながら感動しました。

群れで生活する動物なら、みんなでコドモを守る事ができるのでしょう。

-----------------------------------

5日に訪ねた埼玉県こども動物自然公園。
マヌルネコの仔猫たちのそばに、母シャルの姿がありませんでした。
帰りがけに寄ると、一人ぼっちで具合悪そうに寝ているところで、
心配になりました。

翌日、シャルが怪我をして、仔猫たちと離されたと。
具合も悪いので治療していると。
次々に悪いニュースが飛び込み、それでも獣医さんに診てもらえて
良かったなんて思っていました。

9日の夜、シャルが死亡しましたと公式の発表を見た時の衝撃が
今でもおさまりません。
寒冷地に住み、感染症にはとても弱いと聞いていました。
出産子育てで疲れ切っていたシャルに、連日の来園者の視線は
ストレスでしかなかった。
仔猫たちをあまりカメラで追い過ぎないで、と園からのお願いも
時既に遅かったのです。
どうすればシャルを失わないで済んだのか。
いくら考えても、もう戻ってこないシャルに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今どうすればいいのか、わからないけれど
遺された仔猫たちが無事に育つよう、祈るだけです。
f0321610_22362492.jpg
2月22日のシャル。
レフ君との同居生活にもすっかり慣れた様子でした。
f0321610_22370506.jpg
自分からレフ君の元へ。
うまくいってるんだな…と嬉しかったです。
f0321610_22374475.jpg
母になってからのシャルは、いつも怒っていました。
一人で威嚇して一人で守って。
大変だったね、シャル。ごめんね…
まだ3歳で、またレフ君との同居生活も
見られると思っていたのに。

もう少し落ち着いたら、仔猫たちに会いに行こうと思います。
5頭の仔猫たち、どうか無事に大きくなりますように。



[PR]
by papicoorange | 2017-07-14 22:42 | 動物園 | Comments(0)

埼玉県こども動物自然公園 7月5日

マヌルネコのちびちゃんたち。
f0321610_19021292.jpg
あれから2週間。
随分しっかりしてきました。
f0321610_19024454.jpg
公開はじめは、午後1時から4時までの
限定公開でした。
この日は午前中から扉オープン。
f0321610_19032779.jpg
(ロータス)

でも見ている間に出てきたのは3頭だけ。
くるくると動き回って、写真はしっちゃかめっちゃかですが
可愛いので許す。
f0321610_19035562.jpg
(グルーシャ)

あとの2頭は、奥でママとお休みのようです。

f0321610_19042615.jpg
(ロータス)

だんだん個性がはっきりしてきたみたいですね(^^)
f0321610_19045374.jpg
(オリーヴァ)

この子は額の模様がチューリップに見えるので
マヌル好きのみなさんから、チューリップちゃんと
呼ばれています。女の子だけど、一番活発みたい。
f0321610_19054637.jpg
子猫たちは元気いっぱいなのですが
ママのシャルちゃんはだいぶお疲れみたいでした。
翌日子猫に目をひっかかれてけがをしたという情報も。
寝ても覚めても追い回されてますから
ママは休む暇がありません。
f0321610_19064904.jpg
パンダは1頭でも大騒ぎなのに
こっちは5頭だよ…シャルちゃん、偉いよ~
で、子猫たちのお名前応募してきました。
どれになるのか、楽しみにしています!
f0321610_19083160.jpg
パパ(レフ)はマイペースでした。
パパは子猫たちと会うことはないのだそう。
大きくなったらレフに似てる~って子もいるんだろうな。
f0321610_19094976.jpg
こちらの親子も、のんびりでした。
ニーナちゃんはそろそろ10か月。

この日は大変暑かった動物園。
暑さの苦手なコたちには、厳しい季節になってきました。
体調に気を付けて、元気に過ごしてもらいたいです。


[PR]
by papicoorange | 2017-07-07 19:14 | 動物園 | Comments(2)