海遊館 11月2日

今年2度目の関西遠征に行ってまいりました。

初日は大阪入りが夕方で、どこの動物園も当然閉まってましたので
f0321610_17361182.jpg
海遊館に行ってみることに。午後8時まで、入館は7時半まで。
新大阪の駅から大阪港まで30分くらいでした。ぎりぎりセーフ。
f0321610_17371879.jpg
みなさん こんばんは
f0321610_17373086.jpg
こんばんは…
f0321610_17374847.jpg
大変よくおやすみで。
そらそうだね、もう夜は眠いよね。
f0321610_17384541.jpg
このトンネルも誰一人いないという、素晴らしいシチュエーションですが
とにかく暗くて人がいない。いるのはスタッフー。
f0321610_17394072.jpg
ちらほらデートのみなさんがいましたが、
カメラ首から下げてるやつは、ほとんどいないね。
f0321610_17401297.jpg
水槽全体も暗くなっていて、外からの光は当然ありません(^^;
魚にも詳しくないので、私にはこんな程度で充分か。
f0321610_17412612.jpg
日本で2番目に人気の水族館らしいので、普段はもっと楽しいのかと。
ジンベエザメがすごいって書いてあった。大きかった。
f0321610_17421888.jpg
たくさんいるスタッフさんが、もうすぐ閉めるから早く進んでやって
ずっと放送しているので、あせあせしながら先を急ぐ。
f0321610_17431431.jpg
エイもかっこよかったー。
f0321610_17434588.jpg
キングペンギンだったか??エンペラーだったか??
とにかく先へGO。
f0321610_17441736.jpg
そんなわけで、駆け足で回ってしまった海遊館なのでした。
こちらは今年亡くなったパタちゃん。海遊館の人気モノでした。
パタちゃんを忍ぶコーナーができていて、スタッフさんに
愛されていたことがよくわかりました。

おみやげにパタちゃん写真集を購入。
会いたかったなぁ、パタちゃん。

関西遠征は2日目に続きます。

[PR]
# by papicoorange | 2017-11-04 17:46 | 水族館 | Comments(0)

多摩動物公園 10月18日

お初のコに会ってきました。
f0321610_20110323.jpg
ユキヒョウのフク君。
お父さんコボくん、お母さんミミちゃん。
身体が少し弱く、公開が遅くなったのだそうです。
f0321610_20121517.jpg
ちょっと引っ込み思案のタイプかしら…
f0321610_20125028.jpg
母は子育て中、ずっと部屋にいたので
外を満喫中。
f0321610_20130180.jpg
ちびさんを構ってあげてくださーい(^^)

と飼育員さんも思ったのか?
一瞬フクちゃんのいる部屋の扉がしまりましたよ。
怒るミミちゃん。
そして再び開いたら、出てきなさいって呼びに行きました(作戦だったのかな?)
f0321610_20143574.jpg
なかなか全身を見せてもらえませんでしたが
ちょっとずつ慣れたら、元気に走る姿も見られるかな。
のんびりがんばってね、フク君。
f0321610_20154611.jpg
うって変って、多摩のレッサーパンダの最年長 ブーブーくん。
のんびりお昼寝中でした。
20歳とかなりの高齢ですが、元気そうです。
f0321610_20164896.jpg
タオファさんはもふもふでした(^-^)
遊び相手がいたら、もっと元気に走りそうなのになー
f0321610_20173476.jpg
いつ行ってもうまく撮れないタスマニアデビル。メイディーナさん。
黒いし走ってるし…(言い訳)
f0321610_20183333.jpg
この日嬉しかったのは、オランウータンさんです。
左はバレンタインさん、右リキくん。

バレンタインさんはズーラシアの子です。
チェリアちゃんという子を出産したのですが、育児放棄でした。
チェリアちゃんは淋しさを紛らせるため、ずっとオランウータンの
ぬいぐるみを抱える生活…(涙
この親子がオランウータン生活を学ぶため、多摩にやってきたのです。

チェリアちゃんはジュリーさんという優しい代理母が
大事に大事に育ててくれています(^^)
そしてずっと一人だったバレンタインさんにも変化の兆しが。
f0321610_20221126.jpg
物怖じしないリキくんが、怒られてもどんどんバレンタインさんに
寄って行ったのだそう。
こうやって一緒にいても大丈夫になったようです。

すごいなぁ 多摩のオランウータンさんたち。
それもこれも、ジプシーさんという偉大な母がいたお蔭かな。

[PR]
# by papicoorange | 2017-10-23 20:31 | 動物園 | Comments(2)

よこはま動物園ズーラシア 10月14日 アニマルペアレント

よこはまには3つの動物園(ズーラシア、金沢、野毛山)があります。
それぞれにアニマルペアレント、という寄付制度があります。
先日ズーラシアのアニマルペアレント感謝の日に行ってきました。
年に2回行われているそうです。初参加。
f0321610_16513028.jpg
私が参加したのはインドライオン、マレーバク、インドゾウのコースでした。
インドライオンの3姉妹には、放飼場の裏側のネット際でご対面。
うろうろこちらを伺う3姉妹。
担当飼育員さんはこの子たちが生まれた時から見ているそうで、
高齢の3姉妹を最後まで見届けるのが仕事、と仰ってました。

今年来たばかりのオスライオンさんにも、会えましたよ(写真なし)
バドゥリ君、外の放飼場で会えるのを楽しみにしてますね。
f0321610_16514502.jpg
こちらはマレーバクのタケコさん。
足を怪我してしまったそうで、バックヤードで療養中でした。
オスのカイムくんのお部屋は、夕方戻ってこれるように万全の準備が
整っていましたよ。
黒いゴムマットは蹄を保護するため、水分を含んでいるそうです。
湿地に済むコたちに、日本の冬は乾燥しすぎなんだね。
f0321610_16515567.jpg
最後は大きな象舎。さすがに天井が高い!
ラスクマルくんが芸を見せてくれたり、楽しい時間を過ごしました(^-^)
バックヤードはやっぱり面白いなぁ。
今回行けなかった別の動物たちのところも、見てみたいです。
f0321610_16592417.jpg
バックヤードツアー終了後は、解散して動物園を普通に楽しむタイムになりました。
インドライオンの後ろにある金網越しに、さっき見てたんだと確認。
f0321610_16593592.jpg
ラスクマル王子がみなさんに愛想ふりまいてる間、表ではシュリちゃんが
身体検査をされていたみたいです。
f0321610_17015071.jpg
ちょうどユーラシアカワウソのところで、飼育員さんのお話タイム。
久々のリュウは、かあさんに噛みついてました(相変わらず)
f0321610_17015945.jpg
上手にドジョウをゲットしてましたよ。
f0321610_17020741.jpg
くねくね動き回って、全然落ち着きのないリュウでした。
f0321610_17050758.jpg
ヤブイヌの所はフキでした。
最近ブログに登場している、どすえ&フランシス には会ったことがありません。
タイミング?
f0321610_17052408.jpg
小雨で寒かったんですけど、フキは元気いっぱいでした。
ヤブイヌさんは寒くてもいいのかな?
f0321610_17053495.jpg
一方サバンナのみなさんは、元気なし。
クロサイのニルは室内で爆睡、キリンも屋内でした。
珍しく歩き回ってたのはチーターさんだけ。
外で普通に歩いてたら、やっぱり怖いだろうな~

そろそろ寒さに強いエリアのみなさんが、元気になる季節です。
これもまた楽しみ。

[PR]
# by papicoorange | 2017-10-21 17:09 | 動物園 | Comments(2)

多摩動物公園 10月9日

多摩もお久しぶり。
っていつも言ってますが、あんまり動物園に行かない人から見れば
しょっちゅう行ってるじゃん。
f0321610_15405422.jpg
当日思い立って行ったので、見る場所も限られました(^^)
奥がジョラスで手前がアイガーかな?
(よく見るともっと手前にもうヒトリいるね)
まだお母さんに比べれば小さいのですが
立派になってきました。
f0321610_15425290.jpg
これはクラリスちゃんかな~
全然違ったらすみません。
朝一に行くとじゃんじゃん走り回ってるらしいのですが
私が着いた頃にはまったりモードでした。
f0321610_15443820.jpg
インドサイ。
普段ズーラシアで見慣れているクロサイとは
だいぶ違う印象です。
皮が固そう。触った事ないけど。
f0321610_15452913.jpg
コアラ館の中にある暗い部屋のガマグチヨダカ。
ここにもいたのか。
f0321610_15464637.jpg
先日、ボルネオオランウータンのジプシーさんが亡くなりました。
多摩ではもちろんのこと、世界中でも一番のご長寿さんでした。
オランウータン舎にはジプシーさんを忍んで献花台が設けられていました。
あまり詳しくない私にも、ファンのみなさんの気持ちが伝わるようでした。

この子はアピくん。3歳。
良いお天気の中、楽しそうに遊んでて可愛かったです。
f0321610_15463711.jpg
お母さんとおばさん(?)と一緒にいました。
しぐさは人間のコドモと変わりませんね。
f0321610_15511796.jpg
ユキヒョウのヴァルデマール君。※コボ君でした。すみません。
かっこいい姿はみなさん撮られてますので。

私が見たかったのは、レッサーパンダさんたちです。
f0321610_15523971.jpg
タオファちゃん、すっかり多摩に慣れたみたいですね。
可愛いお顔で元気よく歩き回ってました。
もうすぐおやつ~だったかも。
f0321610_15532546.jpg
ご高齢のファンファンさんは、まんまるくなってお休み中。
涼しい方がいいいのかな、でも寒いと心配だな。
この日は汗だくになるほど暑かったんだった。
f0321610_15550951.jpg
アズキ母さん。双子のコドモに負けないリンゴダッシュ。
この日紹介文をじっくり読んでたら、那須にいるダイズちゃんと
双子の姉妹だと知りました。知らなかった!
f0321610_15551947.jpg
こゆい顔が似ています。ダイズちゃんにも会いにいきたいな~
f0321610_15555908.jpg
これは息子のまめたろう。だと思う。
あまりに似ていて、見分けるのが難しい。
f0321610_15554238.jpg
アズキちゃんの方が、やや尻尾が細いので、身体全体見るとわかるのですが。
f0321610_15545708.jpg
かのこちゃんは、いつ見ても面白可愛い。
f0321610_15543101.jpg
親子で一緒にいられるのは、いつまでだろうと
やきもきしています。
やっぱりいっぱいいると、可愛さ倍増ですねぇ。

[PR]
# by papicoorange | 2017-10-16 16:01 | 動物園 | Comments(2)

埼玉県こども動物自然公園 10月4日 マヌルネコたち

だいぶ間があいてしまったSCZ(埼玉県こども動物自然公園)。
この前行ったのは7月でした。

五つ子たち、すっかり大きくなりました。
サイズはもう大人ですね。
今回は見分けようと必死で観察。
f0321610_14093374.jpg
この子はイーリス(♂)
おでこの三本線が山みたいで、左が一番高いです。
f0321610_14133691.jpg
オリーヴァ(♀)
ちびっこの時、おでこの模様がチューリップみたいだ、ということで
チューリップちゃんと呼ばれてたコ。
花びら3つで外2つが目立つ感じ。
眉毛のてっぺんがかくっとしてるのもポイント。
特に右眉はてっぺんで切れてます。
プラス目の下の白いラインがくっきり太い、とマヌルネコ師匠(ニャロメ様)に教えていただきました(^^)
f0321610_14112490.jpg
これはプリームラ(♀)
おでこの模様がチューリップのようで、オリーヴァと見分けが
大変難しいのですが、プリームラは実は4本線です。
ぎざぎざが四つあります よーく見ると(^^;
眉が細くてすーっとなめらかなのが、オリちゃんとの最大の違いかな。
おでこの模様は角度によって、色々に見えるので、眉の方が見分けやすいです。
f0321610_14130449.jpg
グルーシャ(♂)。全体的に黒っぽいのと、左眉が太い(二本に見えます)。
おでこの模様はちびの時ロータスに似てた(と勝手に思っている)
今はわかりにくくなりました。
f0321610_14165780.jpg
左 ロータス(♂) 右 グルーシャ(♂)
ロータスの特徴はおでこの模様ですが、この写真は見えないですね(^^;
あと鼻にほくろがあるので、一発でわかります。
f0321610_14194393.jpg
こわーい顔してるのがオリーヴァ。
右は顔が見えないからわからない…
f0321610_14204203.jpg
おすましプリームラ。
女の子フタリは、サイズが小さいかなと期待したけど
全然同じにしか見えない(涙)
f0321610_14224033.jpg
オリーヴァ。目の下にそばかすっぽい黒丸が目立つのも
プリームラとの違いかも。
f0321610_14222501.jpg
左 イーリス 右 ロータス。
コネコたちは朝から大騒ぎで、写真をいっぱい撮りました。
まだ顔だけで判断できなくて、おでこを必死で見ていたら
中からどんどん!されました。とほほ。

大人マヌルたちは、顔だけで大体見分けがつくんですけどね。
f0321610_14251853.jpg
レフパパ。この日は涼しかったのでトンネル開放です。
お部屋に戻ることはなく、ずーっとトンネルで過ごしていました。
f0321610_14252875.jpg
お顔をすりすり…トンネルはいろんなことができるね。
やっとマヌルさんたちが、気持ちよく過ごせる気温になってきました。
f0321610_14264137.jpg
調子を崩して半年以上経ったタビーさん。
ずっと後ろの部屋に入ったままで、様子をうかがうことができませんでした。

たまたま飼育員さんがきたので、タビーさんの具合はどうですか?と
聞いてみたら、これから部屋を掃除するので出しますよーと。
わくわく待ってたら、ついに登場したタビーさんです(^-^)
f0321610_14265555.jpg
お部屋からトンネルを通って、サンルームへ。
お掃除終わったら、帰るんだからーと、ずっと気にしてました。
春に会った頃よりふっくらして、動きも素早く元気いっぱいでした。
良かったねータビーさん!
f0321610_14270956.jpg
春にセバスチャン、夏にシャルと、立て続けに亡くなったマヌルたち。
それだけに飼育員さんも、必死でタビーさんを治療してくれたようです。
ほんとにほんとに良かった…と実感こもってました。

年齢的にはもう若くないタビーさん、孫っちも15頭生まれたタビーさん
どうか無理せず、のんびり長生きしてね。

※追記
5マヌルの見分け こんな感じで自分は見分けてます
f0321610_15265696.jpg
女子フタリ プリームラ&オリーヴァ
ここが一番難しいです…
f0321610_15270579.jpg
男子みっつ ロータス&グルーシャ&イーリス
わりと特徴的。

[PR]
# by papicoorange | 2017-10-08 14:32 | 動物園 | Comments(2)