タグ:埼玉県こども動物自然公園 ( 7 ) タグの人気記事

埼玉県こども動物自然公園 10月4日 マヌルネコたち

だいぶ間があいてしまったSCZ(埼玉県こども動物自然公園)。
この前行ったのは7月でした。

五つ子たち、すっかり大きくなりました。
サイズはもう大人ですね。
今回は見分けようと必死で観察。
f0321610_14093374.jpg
この子はイーリス(♂)
おでこの三本線が山みたいで、左が一番高いです。
f0321610_14133691.jpg
オリーヴァ(♀)
ちびっこの時、おでこの模様がチューリップみたいだ、ということで
チューリップちゃんと呼ばれてたコ。
花びら3つで外2つが目立つ感じ。
眉毛のてっぺんがかくっとしてるのもポイント。
特に右眉はてっぺんで切れてます。
プラス目の下の白いラインがくっきり太い、とマヌルネコ師匠(ニャロメ様)に教えていただきました(^^)
f0321610_14112490.jpg
これはプリームラ(♀)
おでこの模様がチューリップのようで、オリーヴァと見分けが
大変難しいのですが、プリームラは実は4本線です。
ぎざぎざが四つあります よーく見ると(^^;
眉が細くてすーっとなめらかなのが、オリちゃんとの最大の違いかな。
おでこの模様は角度によって、色々に見えるので、眉の方が見分けやすいです。
f0321610_14130449.jpg
グルーシャ(♂)。全体的に黒っぽいのと、左眉が太い(二本に見えます)。
おでこの模様はちびの時ロータスに似てた(と勝手に思っている)
今はわかりにくくなりました。
f0321610_14165780.jpg
左 ロータス(♂) 右 グルーシャ(♂)
ロータスの特徴はおでこの模様ですが、この写真は見えないですね(^^;
あと鼻にほくろがあるので、一発でわかります。
f0321610_14194393.jpg
こわーい顔してるのがオリーヴァ。
右は顔が見えないからわからない…
f0321610_14204203.jpg
おすましプリームラ。
女の子フタリは、サイズが小さいかなと期待したけど
全然同じにしか見えない(涙)
f0321610_14224033.jpg
オリーヴァ。目の下にそばかすっぽい黒丸が目立つのも
プリームラとの違いかも。
f0321610_14222501.jpg
左 イーリス 右 ロータス。
コネコたちは朝から大騒ぎで、写真をいっぱい撮りました。
まだ顔だけで判断できなくて、おでこを必死で見ていたら
中からどんどん!されました。とほほ。

大人マヌルたちは、顔だけで大体見分けがつくんですけどね。
f0321610_14251853.jpg
レフパパ。この日は涼しかったのでトンネル開放です。
お部屋に戻ることはなく、ずーっとトンネルで過ごしていました。
f0321610_14252875.jpg
お顔をすりすり…トンネルはいろんなことができるね。
やっとマヌルさんたちが、気持ちよく過ごせる気温になってきました。
f0321610_14264137.jpg
調子を崩して半年以上経ったタビーさん。
ずっと後ろの部屋に入ったままで、様子をうかがうことができませんでした。

たまたま飼育員さんがきたので、タビーさんの具合はどうですか?と
聞いてみたら、これから部屋を掃除するので出しますよーと。
わくわく待ってたら、ついに登場したタビーさんです(^-^)
f0321610_14265555.jpg
お部屋からトンネルを通って、サンルームへ。
お掃除終わったら、帰るんだからーと、ずっと気にしてました。
春に会った頃よりふっくらして、動きも素早く元気いっぱいでした。
良かったねータビーさん!
f0321610_14270956.jpg
春にセバスチャン、夏にシャルと、立て続けに亡くなったマヌルたち。
それだけに飼育員さんも、必死でタビーさんを治療してくれたようです。
ほんとにほんとに良かった…と実感こもってました。

年齢的にはもう若くないタビーさん、孫っちも15頭生まれたタビーさん
どうか無理せず、のんびり長生きしてね。

※追記
5マヌルの見分け こんな感じで自分は見分けてます
f0321610_15265696.jpg
女子フタリ プリームラ&オリーヴァ
ここが一番難しいです…
f0321610_15270579.jpg
男子みっつ ロータス&グルーシャ&イーリス
わりと特徴的。

[PR]
by papicoorange | 2017-10-08 14:32 | 動物園 | Comments(2)

埼玉県こども動物自然公園 7月30日

シャルが亡くなって3週間。
やっと埼玉県こども動物自然公園を訪ねることができました。
f0321610_18562255.jpg
朝から生憎の雨。
カナダヤマアラシのコウシロウさんも、珍しく小屋に入っておりました。
(この後元気よく木に登っていったよ)
f0321610_18571750.jpg
(ロータス)

マヌル舎のコネコたちは、元気そうです。
あれから園のみなさんが頑張って、暑さ対策を施し
外に結露ができるくらい、涼しい室内になりました。

いいのだよ、君たちが快適ならば写真なんて。

f0321610_18581909.jpg
この日はコネコたちの命名式ということで
準備が始まりました。
マヌル舎前は人だかり。
みんなでお名前発表を待ちます。
f0321610_18592615.jpg
園長さん、飼育員さんのご挨拶が終わり
ついに発表。

グルーシャ(梨) オス
イーリス(あやめ) オス
ロータス(蓮) オス
オリーヴァ(オリーブ) メス
プリームラ(サクラソウ) メス

三択の中からこちらが選ばれました(私のははずれた~)
f0321610_19023125.jpg
投票した方の中から、5人が命名者として認定され
スペシャルプレゼント!フォトブックです。
いいな~ってみんな羨望のまなざし。

園長さんは、めでたく5頭が生まれて育っていること、
残念ながら母親のシャルが亡くなってしまったこと
まだ若く父親のレフとの相性も良かったので、次もと
期待していたのに残念とお話されました。

5頭はいずれ、どこかの動物園に行くことになると思うが
その時はまた各地を訪ねて会いにいって欲しいと
仰っていました。
うんうん!とうなずきまくってきました。
f0321610_19060499.jpg
(プリームラ)

肝心のコネコたちは、みんな集まって何してるにゃーって感じ。
公式発表されても、まだ見分けつかず。
これはプリームラだと思われる(たぶん)
f0321610_19065744.jpg
(プリームラ)

半年前にはパパとママが、この部屋で仲良く同居していたんだよ…
と感慨深く。
シャルは自分の身体がぎりぎりの状態になりながら
コネコたちが自分で食べられるようになるまで
頑張ったのです。
ちびたちを残していくことは、どれだけ無念だったか。
f0321610_19091583.jpg
(オリーヴァ)

これからも君たちを見守っていきます。
取りあえず見分けられるようになりたい。

そういえば、朝から取材の人が来ていたのだけど
肝心の命名式にはいなくなってて(!)
いったいどこにどんな記事が載ったのか、謎のまま。

※コネコたちの名前、私が判断したもので確証はありません

[PR]
by papicoorange | 2017-08-02 19:10 | 動物園 | Comments(2)

埼玉県こども動物自然公園 7月5日

マヌルネコのちびちゃんたち。
f0321610_19021292.jpg
あれから2週間。
随分しっかりしてきました。
f0321610_19024454.jpg
公開はじめは、午後1時から4時までの
限定公開でした。
この日は午前中から扉オープン。
f0321610_19032779.jpg
(ロータス)

でも見ている間に出てきたのは3頭だけ。
くるくると動き回って、写真はしっちゃかめっちゃかですが
可愛いので許す。
f0321610_19035562.jpg
(グルーシャ)

あとの2頭は、奥でママとお休みのようです。

f0321610_19042615.jpg
(ロータス)

だんだん個性がはっきりしてきたみたいですね(^^)
f0321610_19045374.jpg
(オリーヴァ)

この子は額の模様がチューリップに見えるので
マヌル好きのみなさんから、チューリップちゃんと
呼ばれています。女の子だけど、一番活発みたい。
f0321610_19054637.jpg
子猫たちは元気いっぱいなのですが
ママのシャルちゃんはだいぶお疲れみたいでした。
翌日子猫に目をひっかかれてけがをしたという情報も。
寝ても覚めても追い回されてますから
ママは休む暇がありません。
f0321610_19064904.jpg
パンダは1頭でも大騒ぎなのに
こっちは5頭だよ…シャルちゃん、偉いよ~
で、子猫たちのお名前応募してきました。
どれになるのか、楽しみにしています!
f0321610_19083160.jpg
パパ(レフ)はマイペースでした。
パパは子猫たちと会うことはないのだそう。
大きくなったらレフに似てる~って子もいるんだろうな。
f0321610_19094976.jpg
こちらの親子も、のんびりでした。
ニーナちゃんはそろそろ10か月。

この日は大変暑かった動物園。
暑さの苦手なコたちには、厳しい季節になってきました。
体調に気を付けて、元気に過ごしてもらいたいです。


[PR]
by papicoorange | 2017-07-07 19:14 | 動物園 | Comments(2)

埼玉県こども動物自然公園 6月14日

ついに…!この日がやってきました!

と興奮状態で。
f0321610_22294729.jpg
このたび超イケメンのレフ君と
f0321610_22302286.jpg
美人のシャルるんの間に…(後ろになんかいますね!)
f0321610_22305229.jpg
待望のベビーが誕生したのです(T▽T)
ああ嬉しい 生きてるうちにマヌルネコのちびに会える日がくるとは。

同居してわりとすぐに、これはいい雰囲気だな~だったフタリ。
4月20日に、5つ子の誕生となりました。めでたい。
f0321610_22323766.jpg
名前はまだ決まっておりません。
来月命名される予定。
f0321610_22324922.jpg
そんなわけで、個体識別は飼育員さんもまだです(^^;と
仰ってました。
f0321610_22334132.jpg
ならば今のうちに、写真をできるだけ残しておいて
後でこれは●●ちゃんぽいね~って時に
役に立てようかと。
f0321610_22342967.jpg
それにしても、いい顔つきです。
野生の猫って感じです。
f0321610_22343877.jpg
ちっこいのに、ガンガン威嚇してくるらしいです(飼育員さん)
f0321610_22352984.jpg
公開開始が前日で、まだシャルも慣れておらず
とにかくコネコたちを守ろうと健気でした。
良いお母さんになりました(^^)
f0321610_22354026.jpg
いきなり知らない人間がいっぱいきて
黒いかたまり(カメラ)を向けるもんだから
怒りまくってました(^^; ごめんねぇ~
でも危害を加えたりしないから、心配しないでね~
f0321610_22373048.jpg
ちびたちは男の子3、女の子2
すごく活発で好奇心旺盛な子が2人
中くらいが2人
とてもシャイな子が1人だそう
f0321610_22382638.jpg
いつも4つしかいないな~と思っていた原因がわかりました。
シャイという子がいつも奥の方に隠れてたのです。
そのうち出てこれるようになるかな?
f0321610_22392729.jpg
ちっこいのにやることはいっちょまえ
でもひたすら可愛いです。
どうか全員、元気に育ってくれますように。

先月、こちらで長年飼育されていたセバスチャン君が他界。
突然の訃報で驚きました。
何もできなくてと飼育員さんはおっしゃってましたが
良い園で生きてこられて、幸せだったと思います。
f0321610_22431331.jpg
あっちでもひなたぼっこしてるかなぁ。
セバくん、またね。

[PR]
by papicoorange | 2017-06-15 22:44 | 動物園 | Comments(0)

埼玉県こども動物自然公園 5月20日

ヤブイヌさんです。
f0321610_09450579.jpg
SCZさんにやってきました。
大変暑い埼玉地方。当社比。
f0321610_19293745.jpg
あまりの暑さに、この後穴の中に潜って寝てました。
f0321610_19310333.jpg
一見ウサギのような姿のこちら、マーラです。
この子はヒメマーラという、マーラより一回り小さい種類のコドモ。
f0321610_19311352.jpg
お母さんからおっぱいもらってました。
カンガルーみたいな、ウサギにしては耳短いような、不思議な動物。
サイズもウサギさんと変わりません。
こちらでは園内にマーラが放し飼いされていて、散歩しています。

f0321610_19332515.jpg
子牛さんたち、元気よく育ってる最中。
子牛にミルクをあげたり、乳搾りしたり、というイベントもあるSCZさん。
(S saitama C children Z zoo)
f0321610_19350682.jpg
大型動物がじゃんじゃんいるような動物園ではありませんが
貴重なコアラさんがいっぱいいるSCZさん。びっくり。
これわかりますか?つっぷして寝てるお母さん、右側に赤ちゃんコアラが(^^)
f0321610_19352431.jpg
フタリですやすや。
f0321610_19354146.jpg
今年生まれたニーナちゃん。
元気に育つんだよ~

コアラ舎のすぐそばには、私の大好きなミナミコアリクイさん。
f0321610_19394264.jpg
なんでしょう、このひょろ長いお顔は。
大変ステキです。
f0321610_19395667.jpg
アリクイっていうくらいだから、アリを食べやすくできてるんでしょうね。
f0321610_19401043.jpg
木登りも得意です。
あっこれは降りてるところ。
f0321610_19412990.jpg
飼育員さんがごはんを持ってきてくれたのでした。
アリじゃなくて、ケロッグみたいだった。。。
長い舌でぺろぺろ食べてました。
f0321610_19421022.jpg
アリクイさんの隣は、コタロウくん。
大きなコアラ舎の中は女子のみで、男子は単独のお部屋にいます。
男子同士はケンカしちゃうから、だそうです。
f0321610_19430897.jpg
ミナミコアリクイさんのごはんを、じーっと見てました(笑
きみ、ユーカリしか食わんだろ。
f0321610_19440652.jpg
何度かきてるこちらですが、初めてコバトンロードなるものに
行ってみました(^▽^)
f0321610_19444457.jpg
森の中を通っていくと、ホンジュウジカさんたちが見えてきます。
この森の展示は、動物園のエンリッチメント大賞にもなっているそう。
広々して気持ちのいい場所です。
f0321610_19462948.jpg
写真だとサイズがちっともわからない、プーズーさん。
ホンジュウジカさんと比べると、子鹿より小さいかも。
f0321610_19473719.jpg
世界一小さいシカ、プーズーは日本でこちらだけ。
ほんとに小さい動物園なのですが、色々びっくりします。
スタッフの皆さんのやる気が感じられます。
f0321610_19484842.jpg
カナダヤマアラシさん。いつものように木の上でぐっすり。
本来ハリがいっぱいで、ハリネズミ的な動物なのですが
この子は抜けちゃってるんだそうです(^^;
f0321610_19495251.jpg
そのカナダヤマアラシのお隣は、私的メインのマヌルネコ。
こちらは美人のタビーさんです(^^)
f0321610_19503316.jpg
今正面のドアが閉じていて、非展示になってるマヌルネコ舎。
タビーさんは後ろの部屋から、トンネルを通って出てこれるように
なっていて、ちょくちょく姿を見せてくれてます。

なぜしまってるのかというと。
f0321610_19515812.jpg
このたび、こちらのイケメン、レフくんと、シャルちゃんの間に
待望の五つ子が誕生(^▽^)
シャルちゃんの子育てを邪魔しないよう、そっと見守り中なのです。
f0321610_19533379.jpg
パパは子育てノータッチ(笑
トンネルくぐって、カナダヤマアラシくんたちを観察しています。
f0321610_19544952.jpg
来月の親子展示まで、しばらくはお預けのマヌルネコさんたち。
楽しみに待ってますからねーっ




[PR]
by papicoorange | 2017-05-23 19:55 | 動物園 | Comments(2)

埼玉県こども動物自然公園 1月28日

こちらは動物園としては、わりと小さ目です。
大型動物がばんばん、というところではありません。
でも珍しい動物がわりといますし、広々として
こどもたちの遊び場が豊富です。

f0321610_20290847.jpg
昨年やってきたこちらのプーズー。
ここにしかいないんじゃないかな?
世界最小のシカだそうです。
写真だとサイズがわかりにくいですが、柴犬くらい。
f0321610_20320680.jpg
カピバラが大量にいて、午後二時から温泉も始まります(^^)
f0321610_20325352.jpg
しきられたカンガルー広場では、気が向くと
そばまで寄ってきてくれることも。
f0321610_20335087.jpg
園内はマーラが放し飼いされてます。
(とはいえ、あんまり見なかった)
f0321610_20345189.jpg
乳牛がたくさんいて、乳搾り体験なんてこともやってます。
子牛にミルクをあげようもありました。
f0321610_20354460.jpg
小動物が多いですね、やっぱり。
オグロプレーリードッグはモルモットさんくらいのサイズ。

f0321610_20363204.jpg
と、小さいと思ってたらなんとコアラがいます。
f0321610_20370166.jpg
午後1時に飼育員さんが、ユーカリの入れ替えを行うため
わらわら起きてくるコアラさんたち。
f0321610_20375051.jpg
わらわらいます。
ちなみに一緒にいるのはメス同士だそう。
オスはケンカになるのでダメなんだって。
f0321610_20385250.jpg
普段コアラって、寝てる場面しか見たことがなくて
活発に動き回る姿に感動しました。
f0321610_20393353.jpg
木と木の間を飛び移るなんて、へっちゃら。
コアラは飼育にお金がかかるそうですが
SCZさん、頑張って~





[PR]
by papicoorange | 2017-02-01 20:40 | 動物園 | Comments(0)

埼玉県こども動物自然公園 マヌルネコ編

先日、埼玉県こども動物自然公園に行ってまいりました。
こちらには私の好きなマヌルネコさんが、4頭います(2017.1現在)

f0321610_17010711.jpg
セバスチャンくん。12歳。
国内のマヌルネコ最年長です。
f0321610_17020557.jpg
埼玉県こども動物自然公園、略してSCZ。
セバくんはひとりでのんびり展示されています。
f0321610_17050829.jpg
昨年末、マヌルトンネルというものが完成。お部屋の窓から出て
外で日向ぼっこするのが日課になっています。
お部屋にいない時は、この中でまったりです。

f0321610_17062959.jpg
続いてタビーちゃん。女の子です。
子猫を生んだお母さんでもあります。
長女のハニーさんは現在、名古屋の東山動植物園。
そのあと4つ子の、ハルちゃん、サーラル君、シャルちゃん、ボル君。
ハル&サーラルは昨年アメリカの動物園に移動。
シャルはSCZ、ボルは那須どうぶつ王国で暮らしています。
f0321610_17123052.jpg
タビーちゃんの写真はすべて昨年のものです。
セバくんに比べるとほっそりしてるタビーちゃん。
f0321610_17131473.jpg
子猫さんみたいですけど、8歳。
f0321610_17133808.jpg
ロシアからやってきたイケメン、レフ君です。
準絶滅危惧種に指定されてるマヌルネコは、世界で繁殖が進められていて
タビーさんの子供たちもそのために移動しました。
そして日本にやってきたのがレフ君です(^-^)
f0321610_17230596.jpg
まだ2歳のヤングボーイ。まずは経験のあるタビーさんと
繁殖を試みていましたが、年齢差か?タビーさんに拒絶され続け。。。
f0321610_17241364.jpg
こんなもふもふで狸??みたいな可愛さなのに。残念。
f0321610_17251062.jpg
バトンタッチしたのが、タビーさんの娘のシャルちゃんです。
レフ君と同じ2歳。
f0321610_17261187.jpg
実は同居が一昨日始まったばかり。
シャルちゃんに会いたくて、行ってきたのでした。
2人はまだ様子見で、今後が楽しみです。

他の動物たちは別記事で。
これ、見る人が見ると全部同じ猫に見えるだろうな(^^;

[PR]
by papicoorange | 2017-01-29 17:28 | 動物園 | Comments(2)